Home > 2010年05月03日

2010年05月03日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

FL Studio9

Windows7環境を整えるべく今日はFLStudio8をインストール。
その後何気に情報収集してたらもう9が出てたのね。
自分は8のBOX購入だったので次バージョンまでは無償アップグレードの対象らしい。
というわけで本家にユーザー登録して早速DL。
次に備えてフリーアップグレードライセンス購入しようかな・・

しかし今回のデモも良い曲だ。

Oracle一意キー制約

  • Posted by: tam
  • 2010-05-03 Mon 10:37:14
  • Oracle
黒本8章の仕上げに章末問題を解いた。

選択肢「一意キー制約が定義されているのでNULLは1行分であれば入力できる」をYesと信じて疑わない自分。
間違いにも気づかない自分。
「なぜ?NULLは1件だけでしょ」って言い張る自分。
ふと我に返る。・・それはSQL Serverじゃんorz

OracleからSQL Serverに流れたとき、自分的にどうしても許せなかったのが一意キーの扱いだった。
トリガーで条件満たしたらID発行とかしたくても出来ない。
表を分けるほどではないときこれはすごく不便。
SQL ServerってGUI便利だしストアド関連が扱いやすいけど、世間一般の標準から外れてることが多々あるのが問題だ・・

データディクショナリ

  • Posted by: tam
  • 2010-05-03 Mon 10:09:03
  • Oracle
今日は早起きしたので頭が冴えているうちにデータディクショナリについてさらっと流した。
データディクショナリとは、オブジェクトや各種情報を格納するための表、ビューの集合とのこと。

とりあえずsystemでログインして、データディクショナリを確認。

データディクショナリ確認

データディクショナリの一覧はDICTIONARYに格納されており、制約関連はこれら3つのデータディクショナリで用途別に管理しているらしい。

これらディクショナリの構成はDICT_COLUMNSデータディクショナリで求められるらしいので、とりあえず定義を確認。

データディクショナリ2

テーブル名にディクショナリを指定してやれば構成を展開できそう。
せっかくなのでユーザー制約を確認してみる。

SQL> select * from dict_columns where table_name = 'user_constraints';

レコードが選択されませんでした。



あれ、何もない。

とりあえず他の2つも確認してみたけど該当なし。 はて?

そういえば、表の長さは30バイトまでが上限だけど、それってディクショナリ内のサイズが30バイトだからなんだろうか。カラムも同様なのかな。
データベースリンク(128バイト)に関する情報はここでは管理できなさそうだ。

よくよく考えてみると、検索条件が小文字だったので大文字に変更して再度チャレンジ。
結構件数多そうなので念のため5件だけピックアップ。

SQL> select * from dict_columns where table_name = 'USER_CONSTRAINTS' and rownum
<= 5;

TABLE_NAME COLUMN_NAME
------------------------------ ------------------------------
COMMENTS
--------------------------------------------------------------------------------

USER_CONSTRAINTS OWNER
Owner of the table

USER_CONSTRAINTS CONSTRAINT_NAME
Name associated with constraint definition

USER_CONSTRAINTS CONSTRAINT_TYPE
Type of constraint definition


TABLE_NAME COLUMN_NAME
------------------------------ ------------------------------
COMMENTS
--------------------------------------------------------------------------------

USER_CONSTRAINTS TABLE_NAME
Name associated with table with constraint definition

USER_CONSTRAINTS SEARCH_CONDITION
Text of search condition for table check


こんな感じで格納されているらしい。

Index of all entries

Home > 2010年05月03日

タグクラウド
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。