Home > 2010年04月11日

2010年04月11日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

データファイルの格納場所

  • Posted by: tam
  • 2010-04-11 Sun 23:29:07
  • Oracle
今日テスト用に表領域(STUDY)を作成したので、ついでだから消す前にデータファイルを追加してみようと思う。

とりあえずSQLPLUS立ち上げて、いざALTER TABLESPACE STUDY ADD DATAFILE

・・・さて、ここに記述するデータファイルのパスって教科書には相対パスが書いてるけど、どこを基準にしてるんだろ。
思いつくのはORACLE_BASEかORACLE_HOME
デフォルトのデータファイルはORACLE_HOMEより上の階層に入ってるから、ORA_BASEかな?

せっかくなのでレッツトライ。

SQL> alter tablespace study add datafile 'addStudy.dbf' size 10M;

表領域が変更されました。


さて、どこに出来たかな。
EMで確認したところできたのは
C:\APP\TAM\PRODUCT\11.2.0\DBHOME_2\DATABASE\

は て、ORACLE_HOMEともちょっと違う。
とりあえずEM上から初期化パラメータを確認してみたがそんなものはない。
環境変数を確 認してもない。
た だこのフォルダには初期化パラメータファイルがある。
インスタンスの基点だろうか。

よくわからないけ ど、今後は基本フルパスを記述するよう にしよう。

INDIGO IOx

  • Posted by: tam
  • 2010-04-11 Sun 21:42:53
  • ハード
ついに購入、INDIGO IOx。
お買い求めはソフマップ。
お支払いはポイントでw

INDIGO01

INDIGO IOが新しいノートPCでは使えなくなったので世代交代。
ExpressCartって初めてだけど、ちっさいなぁ。

早速最新ドライバをDLしてからスロットイン。

シャキーン
INDIGO02

サイズは小さくなったけど、このデザイン、このレッドランプ、まぎれもないINDIGOです。

ただ、まだiTunesすらインストールしておらず適当な音源がありません。

3秒迷った末に起動したのは東方永夜抄。
MUSICモードで早速の試運転~。
INDIGO03

ヘッドフォンアンプ内蔵で、余裕をもって再生できます。
色々選択肢はあるけれど、自分は慣れ親しんだINDIGOが良い。

あー、これでやっと安心してゲームできるw

世界樹の迷宮3 クリエイターギルドカード配信

  • Posted by: tam
  • 2010-04-11 Sun 20:48:36
  • ゲーム
昨日、秋葉原にIndigoIOxを探しに行った際、メッセサンオー前にDS持った行列が出来てたのが気になった。
残念ながら、目的のIndigoはソフマップで見つからず。

今日、ソフマップクリエイター館にTELで問い合わせたところ在庫ありとのこと。
行く前に昨日の行列が何だったのかググッてみた。

どうやら世界樹の迷宮3のイベントでクリエイターのギルドカード配信が行われていたらしい。
見ると期間は今日まで。

・・・世界樹3といえば、今まさにはまっている最中のゲームではありませんか。

せっかくだから自分もギルドカードもらおうと思ってDS持参。

メッセサンオー前に行くと・・・うわぁ、すごい行列。
夕方はまだ肌寒く、もう帰ろうかとくじけつつじっと耐えること1時間強。

じつはDSの配信って今まで利用したことなかったのでちょっとドキドキしてたのですが、行く前にホームページで告知している手順に従ってすれ違い通信ONのまま出かけました。
自分の番が近づいたのでDSを確認してみると、15枚のギルドカードが交換されてました。
そしていざ交換場所に案内され、通信再開。
スタッフ
「交換できるギルドカードは以下の3枚でーす」
・せかいじゅチーム
・パニックアタック
・ネットろうなぬし

しかし自分のDSに映るメッセージは「アリアダストと交換しました」

はて、他のギルドカードはどうしたのだ。
見ると隣の人もちょっとキョドッてる。

わかったよ、きっと君の画面には今頃「ねこまっしぐらと交換しました」って出てるんだろw
まさかと思い、すでに交換済みギルドカードを見ると3枚ともすでに交換済みでしたorz
ひょっとしてずっと並ぶ必要なかったのだろうか。

チェックポイント

  • Posted by: tam
  • 2010-04-11 Sun 13:10:35
  • Oracle

何気に使ってる言葉「チェックポイント」

とりあえず意味を調べてみた。

・DBを同期化するため、DBWnとCKPTがSCNとトランザクション情報をデータファイルの全ヘッダに書き込むイベントのこと。
 ・REDOログエントリの示すSCNより前の変更がDBWnによってデータファイルに書き込まれたことを示す。


つまり、トランザクション処理の結果がデータファイルにどこまで反映されているかを追跡できるようにデータファイルに付箋を貼り付けているようなものらしい。
なおここで出てくるシステム変更番号(SCN)とは、コミット単位で割り当てられる一意な値のようだ。
REDOにSCNが記録され、そのうちどこまでがデータファイルに反映されているのかはSCNを付き合わせることで行う。
そのための付箋をデータファイルに貼る作業をチェックポイントと呼ぶ。

大体こんな感じだろうか。

表領域のステータス

  • Posted by: tam
  • 2010-04-11 Sun 12:57:53
  • Oracle
表領域をオフラインにする際指定できるオプションについて疑問が出てきた。

・NORMAL:チェックポイントをすべて実行。メディアリカバリ不要。
・TEMPORARY:チェックポイントを実行するが、すべてのファイルに対して実行されるか保証されない。メディアリカバリが必要。
・IMMEDIATE:チェックポイント実行なし。メディアリカバリが必要。


問題はTEMPORARYとIMMEDIATEの使い分け。
どっちみちメディアリカバリが必要ならどちらを実行するのがいいんだろう。

そういえば昔Oracleのリカバリに不具合があって、シャットダウン時に即時オプションを付けたところリカバリが正常に実行されなかったって会社の記事を読んだ覚えがある。
そもそもNORMAL以外はなるべくするなってことだろうか。

Continue reading

表領域の管理

  • Posted by: tam
  • 2010-04-11 Sun 12:37:03
  • ToDo
表領域の管理方法
9i以降はローカル管理表領域を使っている。
問題は下位互換のために存在するディクショナリ管理表領域。
・・これってまじめに勉強しといた方がいいのだろうか。
仕事の中だけで言えばNO。
自分がタッチしているシステムで利用しているOracleは古くても9iまで。
それ以前のシステムは現在おもりしていない。
でも教科書にはローカル表領域の利点がつらつら書いてある。
正直、覚えるの面倒。

とりあえず要点だけ覚えておいて、模擬試験で間違えたら勉強することにした。
要点)
・ディクショナリ管理表領域は9iより前のバージョンで利用されていた。
・エクステントの割り当て、解除時に再帰的領域管理操作が発生する。

emctl

  • Posted by: tam
  • 2010-04-11 Sun 10:48:08
  • Oracle
Oracle11gR2を導入してから、今日はじめてemctl status dbconsoleを実行した。
理由は・・特にないw
なんとなく思いつきで実行したところ

C:\Users\tam>emctl status dbconsole Oracle Enterprise Manager 11g Database Control Release 11.2.0.1.0 Copyright (c) 1996, 2010 Oracle Corporation. All rights reserved. https://Charlotte:1158/em/console/aboutApplication アクセスが拒否されました。 Oracle Enterprise Manager 11g is running.

が発生。
アクセス拒否ってなんのこっちゃ。
ただEMは動いてるようで、試しに起動してみたところ、きちんとログインもできた。
気になる。
以前と違う点は、11gとR2、or WindowsXP or 7くらい。
OSの違いだろうか。

Index of all entries

Home > 2010年04月11日

タグクラウド
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。