Home > 2010年04月10日

2010年04月10日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

専用プロセスと共有プロセス

  • Posted by: tam
  • 2010-04-10 Sat 12:57:51
  • Oracle
先日からT410で浮かれて勉強してなかったので、今日から再開。
1日黒本1章ルールが早くも守られなかったorz

とりあえず今日は黒本5章の途中から再開。

専用プロセスと共有プロセス、今まで特に意識せず使っていた箇所なのでこの機会に身につけた方がよさそうだ。

共有プロセスでは、ユーザーグローバル領域(セッション情報、カーソル領域)の管理にSGAが使われるらしい。
専用プロセスでは、ユーザープロセスとサーバープロセスが1:1になるので、PGA内に格納される。
ちなみにPGAにはスタック領域が含まれるそうな。
何に使うのかわからないと言葉だけ丸暗記しそうなので黒本巻末の辞書を確認。
曰く、プロセスのローカル変数などを格納だそうな。
共有サーバープロセスも、専用サーバープロセスも使うメモリはPGA。納得。


UGAの格納場所

Index of all entries

Home > 2010年04月10日

タグクラウド
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。